資格取得

1級土木施工管理技士試験の受験に必要な「検定合格番号」とは?合格証明書と合わせて解説

<この記事はこんな方へオススメ>

・検定合格番号について知りたい方
・1級施工管理技士試験に挑戦される方

1級施工管理技士の試験に挑戦されようとしているあなた。

申し込み時に必要な「検定合格番号が分からない」と悩んでいませんか。

1級施工管理技士の試験の申し込み用紙には、「検定合格番号」を記載する欄があります。

受験資格の有無を判定するために必要になるため、必ず確認しておきましょう。

履歴書 検定合格番号
1級土木施工管理技士 履歴書 検定合格番号

今回の記事は、そんな『検定合格番号』について解説していきます。

検定合格番号とは

検定合格番号とは、2級技術検定の『合格証明書』に記載される番号の事です。

以下の写真の通り、検定合格番号は、合格証明書の右上に記載されております。

番号は、「C」から始まる数字で構成されています。

検定合格番号
2級技術検定合格証明書

合格証明書について

検定合格番号が記載される、「合格証明書」について解説します。

合格証明書とは、施工管理技士の試験に合格した人に発行される証明書の事です。

ただし、合格者全員に発行される訳ではありません。

発行を希望した方にのみ交付されるようになっています。


申請方法については、合格者に送付される合格通知書に記載されています。

なお、交付手数料として2,200円が必要となります。

まとめ

今回は、『検定合格番号』について解説しました。

検定合格番号に関するポイント
  • 検定合格番号は、『合格証明書』に記載されている
  • 合格証明書は、検定合格時に『申し込みが必要』である

1級施工管理技士の受験申込時には、合格通知書のコピーも合わせて提出する必要があります。

そのため、2級施工管理技士を合格し、1級の受験を考えている方は、検定合格時に必ず合格証明書の申し込みをしましょう。