資格取得

【大好評】2級土木施工管理技士 第二次検定の全暗記項目ノートを紹介【合格への近道】

<この記事はこんな方へオススメ>

・第二次検定の受験を控えている方
・効率よく第二次検定の対策をしたい方
・要点をまとめたノートが欲しい方
・対策用の補助資料を安く手に入れたい方

土木施工管理技士の第二次検定受験が控えているあなた。

第二次検定の学科記述試験の対策で悩んでいませんでしょうか

毎日忙しいくて、試験の勉強時間を確保するのが難しい…

効率よく勉強できるように重点項目だけ知りたい…

といった悩みを持たれている方が多いと思います。

学科記述対策を効率的に取り組む為には、過去問のポイントをまとめたノートを作成することをオススメします。

一度暗記ノートを作成しておくと、隙間時間の勉強に活用でき、効率よく試験対策を実施できるようになります。

筆者も暗記ノートを作成して、短時間の勉強時間で2級土木施工管理技士に1発合格することができました。

しかし暗記ノートは、作成にかなり時間がかかってしまうデメリットがあります。

暗記ノートを作成する過程も勉強になるのですが、そればかりに時間をかけてしまうと本末転倒です。

今回は、筆者が作成した学科記述対策の暗記ノートを紹介します。

あなたも、暗記ノートを購入して、自分の時間を確保しつつ資格の取得を目指しましょう。

※公開している暗記ノートは、随時追加、更新予定です。
追加される内容によって値段が変更になる場合があります。

第二次検定の対策

第二次検定は、大きく分けて二つの対策が必要です。

第二次検定の対策としては、
・学科記述問題の対策
・経験記述問題の対策
の二つに分けられます。

暗記ノートは、学科記述問題の対策にあたります。

学科記述は、主に穴埋め形式、計算形式、文章記述形式の3つの形式があります。

学科記述の出題形式
  • 穴埋め形式:各種法規、指針、至方書などの基本内容の一部分が伏せられていて、その伏せられた箇所に入る語句や数値を解答する形式です。
  • 文章記述形式:施工などに関する留意点や注意事項、工法等の概要や特徴、特定の事象についての原因や対策などを簡潔に関する形式です。
  • 計算形式:数値に関する情報が与えられて、公式や係数の値を用いて計算を行い、求められている数値を解答する形式です。穴埋め形式の中で計算形式が取り入れられる場合もあります。

ご覧の通り、とても出題範囲が広く、出題形式が多い事が特徴です。

しかし、過去問を見てみると、同じ内容を問う問題が、穴埋め形式で出題されたり、文章記述形式で出題されたりと、出題形式だけ変えて出題されている事が分かります。

つまり、過去の出題項目を暗記すれば、必ず9割は解答できるのも特徴です。

過去問の出題内容をまとめて暗記する事で、効率良く対策でき、一気に合格に近づくことができます。

次に、暗記すべき項目をまとめた、暗記ノートを紹介します。

暗記ノートの紹介

現在、筆者が作成した学科記述対策の暗記ファイルを格安価格で販売中です。

販売中の暗記ファイルの内容を紹介します。

前述したとおり、合格に必要な暗記すべき項目をまとめた、暗記ノートとなっております。

暗記ファイルの内容紹介

・暗記すべき工種や施工管理の説明のまとめ

・学科記述対策で頻出用語のまとめ

・過去に出題された穴埋め問題のまとめ

・お手持ちの赤シートで解説を隠して勉強可能なファイルのおまけ付

・経験記述の出題予想のおまけ付

ファイル購入のおまけとして、『経験記述の出題予想』や『赤シート対応版』もダウンロードいただけます。

暗記ノートの一部をサンプルとして公開いたします。

土木施工管理技士 第二次検定対策 暗記ノートサンプル1
土木施工管理技士 第二次検定対策 暗記ノートサンプル1
土木施工管理技士 第二次検定対策 暗記ノートサンプル2
土木施工管理技士 第二次検定対策 暗記ノートサンプル2

本ファイルは、印刷してカバンに忍ばせておくと、隙間時間の勉強に活用できるようになっております。

ぜひ、第二次検定の試験対策にご活用ください。

暗記ノートは、noteで販売中です。

下記のリンクからご購入ください。

購入者の喜びの声

本暗記ノートは、数十人の方にご愛用いただいております。

また、購入いただいた方から、多数の喜びの声や合格報告をいただいております。

本暗記ノートを利用して、見事施工管理技士の試験に合格された方の、喜びの声を一部紹介させていただきます。

まとめ

今回は、筆者が作成した学科記述対策の暗記ノートを紹介しました。

あなたも、暗記ノートを購入して、自分の時間を確保しつつ資格の取得を目指しましょう。