コラム

アルコールチェッカーの選び方とおすすめランキング5選

<この記事はこんな方へオススメ>

・おすすめのアルコールチェッカーが知りたい方
・アルコールチェッカーの選び方が知りたい方
・人気アルコールチェッカーのランキングが知りたい方

アルコールチェッカーを購入したいけど、「性能の違いや選び方が分からない」と悩んでいませんか。

2022年10月からのアルコールチェック義務化に伴い、アルコールチェッカーの購入を検討している方が多いのではないでしょうか。

今回は、「アルコールチェッカー」の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。

あなたに合うアルコールチェッカーが見つけられるように、おすすめのポイントを合わせて解説しておりますので、最後までお読みください。

現在、制度改正に伴い各種アルコールチェッカーの在庫が非常に少ない状態が続いているようです。必要になる事が分かっている方は、お早めにお買い求めください。

アルコールチェッカー選びのポイント

センサー

アルコールを感知するセンサーは、大きく分けて2種類あります。

一般的には、「半導体ガスセンサー」と「電気化学式センサー」が使われています。

半導体ガスセンサー

半導体ガスセンサータイプは、安価にアルコール濃度を測定したい方におすすめです。

製造コストが低いため、比較的安価なアルコールチェッカーに用いられています。

その為、電気化学式センサーと比べると精度低いとされていますが、現在は、比較的精度の高い製品も製造されています。

家電量販店で購入できる物の多くは、この半導体式ガスセンサーの製品となっています。

電気化学式センサー

電気化学式センサーは、高い精度の測定結果が知りたい方におすすめです。

このセンサーは、アルコール以外の成分や環境の影響を受けづらい特徴があります。

高い精度で計測できるため、比較的高価なアルコールチェッカーに用いられています。

電気化学式センサーは、1万円を超える高価な物が多い製品となっています。

センサー寿命

前章で紹介したセンサーには、使用限度回数が設定されています

指定された回数を超えて計測すると、正しい数値が測定できなくなります。

購入の際には、必ず何回検査できるのか確認しましょう。

「一日の使用回数」や「検知器を利用する人数」を考えて商品を選ぶのがおすすめです。

データメモリ

商品によっては、計測結果をメモリに保存できるものがあります。

万が一、計測後に記録を忘れたとしても、メモリから結果を確認できます。

計測結果を別の媒体に記録する必要がある場合は、メモリ機能があるものがおすすめです。

サンプリング形式

アルコールチェッカーのサンプリング形式には、「マウスピース式」と「直接吹き込み方式」の2種類があります。

「直接吹き込み方式」は、言葉通りアルコールチェッカーに息を吹きかけ、アルコールのウ度を計測する方式です。

また、「マウスピース式」は、アルコールチェッカーに装着したマウスピースに息を吹き込んで計測する方式です。

複数人でアルコールチェッカーを使いまわす場合は、「マウスピース式」がおすすめです。

各自がマウスピースを持っておくことで、他人の息などを気にせず計測出来ます。

大きさ・重さ

アルコールチェッカーを普段から持ち運ぶ場合は、大きさや重さを確認して置きましょう。

携帯型の物は、比較的軽量に作られていますが、物によっては厚みがあったり、100gを超えるものもあります。

カバンに常に入れておく場合は、軽くて薄い物を選ぶのがおすすめです。

おすすめのアルコールチェッカー

あなたに必要なアルコールチェッカーの機能のイメージができたでしょうか。

本章では、おすすめのアルコールチェッカーをランキング形式でご紹介します。

ぜひ自分にぴったりなアルコールチェッカーを見つけてください。

記事の最後に商品の特徴の一覧をまとめております。

商品選びの参考にしてください。

人気アルコールチェッカーランキング

1位:タニタ アルコールチェッカー EA-100
タニタ(Tanita)
¥3,871 (2022/09/05 15:17時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

タニタのアルコールチェッカーは、本体が小さく、持ち運びし易いアルコールチェッカーです。

電気化学式センサーのアルコールチェッカーには精度は劣りますが、アルコールの検知には十分な精度があります。

また、比較的に安価で手に入れることができるため、人気の商品となっています。

2位:オーム電機 OHM HB-A02

オーム電機のアルコールチェッカーは、必要最低限の機能があれば十分という方におすすめです。

本体が28gと軽量だったり、ストラップが付いていたり、持ち運びがしやすい仕様となっているのが特徴です。

また、本体も抗菌仕様となっているので、感染症の対策ができていることも人気の点になっています。

3位:コンテック KE303 アルコールテスター
ヤマダ電機 楽天市場店
¥17,380 (2022/09/05 15:17時点 | 楽天市場調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コンテックのアルコールチェッカーは、誤表示が少ない高精度センサーを使用している商品です。

また、マウスピース式であるため、10個付属のマウスピースを個別に使用することで、複数人でも使用できるのが特徴です。

比較的に高価な商品ですが、高精度のセンサーが必要で、複数人で使用する想定がある方におすすめの商品です。

4位:コンテック KE302 アルコールテスター

コンテックのアルコールチェッカーは、簡単・手軽にアルコール濃度を測定できるアルコールチェッカーです。

息を吹きかけるだけで簡単に測定可能です。

測定結果はすぐに表示され、何回でも短時間で測定できるのが特徴です。

5位:篠原計器製作所 SAC-03W
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

篠原計器製作所のアルコールチェッカーは、データメモリの件数が多いアルコールチェッカーです。

また、センサーの寿命が長いため、1つ購入すれば長い期間使用する事が可能なのが特徴です。

アルコールチェックの記録を管理する必要がある方におすすめの商品です。

アルコールチェッカーの特徴一覧

今回紹介するアルコールチェッカーの特徴をまとめました。

商品選びの参考にしてください。

商品名コンテックKE303篠原計器製作所SAC03W
タニタEA100E

コンテックKE302

オーム電機HB-A02
販売価格17,380円9,980円5,480円2,500円2,480円
センサー電気化学式半導体ガス半導体ガス半導体ガス半導体ガス
センサー寿命測定2,500回
もしくは
購入後1年経過
測定3,000回
もしくは
購入後1年経過
測定1,000回
もしくは
購入後1年経過
測定1,000回
もしくは
購入後1年経過
測定1,000回
もしくは
購入後1年経過
センサー交換可能不可不可不可不可
サンプリング
形式
マウスピース式直接吹き込み式直接吹き込み式直接吹き込み式直接吹き込み式
表示範囲0.000~1.000mg/L0.00~0.25mg/L0.00~0.50mg/L0.00~0.50mg/L0.000~0.950mg/L
測定準備時間約10秒最大約15秒最大約15秒約10秒10~40秒
測定時間10秒5秒5秒2秒5秒
データメモリ
件数
5件99件1件無し無し
寸法 mm
(幅×高×奥行)
60×105×2445×155×2532×105×1737×92×1638×103×16
重量約83g約100g約31g約60g約28g
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
【2022年版】Amazonギフト券チャージキャンペーン解説!初回5,000円以上の購入で最大2,000円もらえる! <この記事はこんな方へオススメ> ・お得にAmazonで買い物をしたい方・これからAmazonで買い物する予定がある方 ...

まとめ

今回は、おすすめの「アルコールチェッカーをランキング形式で紹介しました。

みなさんに必要な、アルコールチェッカーが見つかったのではないでしょうか。

本記事が、みなさんのアルコールチェッカー選びの参考になれば幸いです。

ABOUT ME
どぼくじら
数年前にIT企業から土木作業員に転職。現在は、施工管理技士試験や現場で活かせる情報を発信するブログを運営中。現場仕事と育児をこなしながら、限られた勉強時間で1級、2級土木施工管理技士の試験に1発合格。資格取得のノウハウや勉強法などを中心に発信しています。