資格取得

【令和3年度前期 学科】2級土木施工管理技士の過去問解説 No.12~31【無料公開】

<この記事の概要>

令和3年度前期 2級土木施工管理技士第一次検定の試験問題の解説記事

本記事の説明

本記事では、 令和3年度前期 2級土木施工管理技士第一次検定の過去問を解説しております。

是非、あなたの試験勉強や自己採点にご活用ください。

本記事の過去問解説は、筆者独自が作成した解説を公開しております。

誤った解説がある場合はご連絡して頂けると幸いです。

また、過去問を分割して記事を作成しております。

お手数ですが、ページを遷移しながら解説をご確認ください。

【令和3年度前期 学科】2級土木施工管理技士の過去問解説 No.1~11【無料公開】 <この記事の概要> 令和3年度前期 2級土木施工管理技士第一次検定の試験問題の解説記事 本記事の説明 本記事では...
【令和3年度前期 学科】2級土木施工管理技士の過去問解説 No.32~42【無料公開】 <この記事の概要> 令和3年度前期 2級土木施工管理技士第一次検定の試験問題の解説記事 本記事の説明 本記事では...

他の年度の過去問題は、下記の記事『2級土木施工管理技士の過去問ダウンロード一覧』からダウンロードしていただけます。

2級土木施工管理技士の過去問ダウンロード一覧2級土木施工管理技士を受験される方へ。 勉強に用いる過去問題探しに悩んでいませんか? この記事では、資格試験の過去問題をまとめて公開しています。 過去問題を解くことで合格への近道になります。 効率良く資格試験の対策をしたい方は必見です。...

試験問題の公開に関して、正式に『全国建設研修センター』様から許可を頂いております。

令和3年度前期 2級土木施工管理技士第一次検定 過去問解説

No.12~No.31

No.12

鋼材に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)鋼材は、応力度が弾性限界に達するまでは弾性を示すが、それを超えると塑性を示す。

(2)PC 鋼棒は、鉄筋コンクリート用棒鋼に比べて高い強さをもっているが、伸びは小さい。

(3)炭素鋼は、炭素含有量が少ないほど延性や展性は低下するが、硬さや強さは向上する。

(4)継ぎ目なし鋼管は、小・中 径のものが多く、高温高圧用配管等に用いられている。

解答&解説
解答:3

炭素は、鉄鋼材料の性質に大きな影響を与えます。
炭素量が多いほど強く硬い鉄鋼材料になり、炭素量が少ないほど弱く軟らかい鉄鋼材料になる特徴があります。

本質がわかっていなくても
『炭素が多い⇨詰まってる⇨強く硬い』とイメージしやすいですね

No.13

鋼道路橋に用いる高力ボルトに関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)トルク法による高力ボルトの締付け検査は、トルク係数値が安定する数日後に行う。

(2)トルシア形高力ボルトの本締めには、専用の締付け機を使用する。

(3)高力ボルトの締付けは、原則としてナットを回して行う。

(4)耐候性鋼材を使用した橋梁には、耐候性高力ボルトが用いられている。

解答&解説
解答:1

トルク係数値は、数日経つと条件によって数値が変わってくる場合がある為、数日後に行うことはありません。

よって、解答は「1」です。

No.14

コンクリートの[劣化機構]と[劣化要因]に関する次の組合せのうち、適当でないものはどれか。

   [劣化機構]      [劣化要因]

(1)中性化 ……………………… 二酸化炭素

(2)塩害 ………………………… 塩化物イオン

(3)アルカリシリカ反応 ……… 反応性骨材

(4)凍害 ………………………… 繰返し荷重

解答&解説
解答:4

凍害は、コンクリート中の水分が凍結と融解を繰り返すことによってコンクリート表面からスケーリング、微細ひび割れ、ポップアウトなどが生じる現象です。

対策としては、AE剤を使用したエントレインドエアを含んだコンクリを打設する、水セメント比を小さくしてコンクリ中の水分を減らすなどがあります。

No.15

河川に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)霞堤は、上流側と下流側を不連続にした堤防で、洪水時には流水が開口部から逆流して堤内地に湛水し、洪水後には開口部から排水される。

(2)河川堤防における天端は、堤防法面の安定性を保つために法面の途中に設ける平らな部分をいう。

(3)段切りは、堤防法面に新たに腹付盛土する場合は、法面に水平面切土を行い、盛土と地山とのなじみをよくするために施工する。

(4)堤防工事には、新しく堤防を構築する工事、既設の堤防を高くするかさ上げや断面積を増やすために腹付けする拡築の工事等がある。

解答&解説
解答:2

この説明は、『小段』のものです。
天端は、河川堤防、防潮堤、防波堤などの堤頂面の事を言います。

https://ktr.mlit.go.jp/tonejo/tonejo00097.html

No.16

河川護岸に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)横帯工は、法覆工の延長方向の一定区間ごとに設け、護岸の変位や破損が他に波及しないように絶縁するものである。

(2)縦帯工は、護岸の法肩部に設けられるもので、法肩の施工を容易にするとともに、護岸の法肩部の破損を防ぐものである。

(3)小口止工は、法覆工の上下 流端に施工して護岸を保護するものである。

(4)護岸基礎工は、河床を直接覆うことで急激な洗掘を防ぐものである。

解答&解説
解答:4

説明文は『根固めブロック』のもの。

護岸基礎工は、法覆工を支持して滑動や崩壊を防止するとともに、洗掘に際し基礎部分を保護し、裏込め土砂の流出を防ぐもの。

No.17

下図に示す砂防えん堤を砂礫の堆積層上に施工する場合の一般的な順序として、適当なものは次のうちどれか。

(1)(ロ)→ (ニ)→ (ハ) ・(ホ)→ (イ)

(2)(ニ)→ (ロ)→ (イ) → (ハ) ・(ホ)

(3)(ロ)→ (ニ)→ (イ) → (ハ) ・(ホ)

(4)(ニ)→ (ロ)→ (ハ) ・(ホ) → (イ)

解答&解説
解答:1

一般的な施工方法は本堰堤基礎部→副堰堤→側壁護岸→水叩き→本堰堤上部の順です。

工事中に突発的な出水等が発生した場合にも対応できるようにするために、本堰堤基礎部は副堰堤の高さとほぼ同じくらいとし、本堰堤は側壁側から打設していきます。

ワンポイント
この施工手順は頻出問題です。
しっかりと手順を覚えておきましょう。

手順の覚え方のイメージは
『外』→『中』→『上』
です。

No.18

地すべり防止工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)抑制工は、地下水状態等の自然条件を変化させ、地すべり運動を停止・緩和する工法である。

(2)水路工は、地表の水を水路に集め、速やかに地すべりの地域外に排除する工法である。

(3)排土工は、地すべり脚部の不安定土塊を排除し、地すべりの滑動力を減少させる工法である。

(4)抑止工は、杭等の構造物によって、地すべり運動の一部又は全部を停止させる工法である。

解答&解説
解答:3

排土工は、原則として地すべり土塊の『頭部の荷重を除去』することにより地すべりの滑動力を低減させるものです。

No.19

道路のアスファルト舗装の路床・路盤の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)盛土路床では1層の敷均し厚さは仕上り厚さで20cm以下を目安とする。

(2)切土路床では、土中の木根・転石などを取り除く範囲を表面から30cm程度以内とする。

(3)粒状路盤材料を使用した下層路盤では、1層の仕上り厚さは30cm以下を標準とする。

(4)粒度調整路盤材料を使用した上層路盤では、1層の仕上り厚さは15cm以下を標準とする。

解答&解説
解答:3

下層路盤の築造工法は、粒状路盤工法、セメント安定処理工法、及び石灰安定処理工法を標準とするものとする。

粒状路盤の敷均しにあたり、材料の分離に注意しながら、1層の仕上がり厚さで『20cm』を超えないように均一に敷均さなければなりません。

No.20

道路のアスファルト舗装の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)加熱アスファルト混合物は、通常アスファルトフィニッシャにより均一な厚さに敷き均す。

(2)敷均し時の混合物の温度は、一般に110°C を下回らないようにする。

(3)敷き均された加熱アスファルト混合物の初転圧は、一般にロードローラにより行う。

(4)転圧終了後の交通開放は、一般に舗装表面の温度が 70 °C 以下となってから行う。

解答&解説
解答:4

初期転圧は、アスファルト混合物の温度が110~140℃の時に踏み固めて安定させます。

二次転圧終了時のアスファルト混合物の温度は、70~90℃です。

転圧終了後、一般的には舗装表面の温度がおおむね50℃以下となってから交通開放します。

温度の『110、70、50』は覚えておきしまょう!

No.21

道路のアスファルト舗装の破損に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)わだち掘れは、道路横断方向の凹凸で車両の通過位置が同じところに生じる。

(2)道路縦断方向の凹凸は、道路の延長方向に比較的長い波長でどこにでも生じる。

(3)ヘアクラックは等間隔で規則的な比較的長いひび割れで、主に表層に生じる。

(4)線状ひび割れは、長く生じるひび割れで路盤の支持力が不均一な場合や舗装の継目に生じる。

解答&解説
解答:3

ヘアークラックの定義は、幅0.3mm以下、深さ4mm以下で構造に影響を与えないものである。
ヘアークラックのヘアーとは「髪の毛」のこと。つまり髪の毛ほどのひびという意味です。

小さなひび割れのことなので、3が誤りです。

No.22

道路のコンクリート舗装に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)コンクリート舗装は、セメントコンクリート版を路盤上に施工したもので、たわみ性舗装とも呼ばれる。

(2)コンクリート舗装は、温度変化によって膨張したり収縮したりするので、一般には目地が必要である。

(3)コンクリート舗装には、普通コンクリート舗装、転圧コンクリート舗装、プレストレスコンクリート舗装等がある。

(4)コンクリート舗装は、養生期間が長く部分的な補修が困難であるが、耐久性に富むため、トンネル内等に用いられる。

解答&解説
解答:1

たわみ性舗装は、アスファルト舗装のように荷重によって多少たわんでも、復元性のある舗装、それに対し、セメントコンクリート舗装を剛性舗装といいます。

たわみ性舗装は交通荷重によるせん断には抵抗するが、曲げには抵抗しません。

No.23

コンクリートダムの RCD 工法に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)RCD 用コンクリートの運搬に利用されるインクライン方法は、コンクリートをダンプトラックに積み、ダンプトラックごと斜面に設置された台車で直接堤体面上に運ぶ方法である。

(2)RCD 用コンクリートの1回に連続して打ち込まれる高さをリフトという。

(3)RCD 用コンクリートの敷均しは、ブルドーザ等を用いて行うのが一般的である。

(4)RCD 用コンクリートの敷均し後、堤体内に不規則な温度ひび割れの発生を防ぐため、横継目を振動目地切機等を使ってダム軸と平行に設ける。

解答&解説
解答:4

RCD工法は、堤体全面に水平に連続してコンクリートを打設し、打設後、振動目地切機などにより、ダム軸に対して『直角方向』に横目地を設置する工法です。

よって誤っているのは4となります。

No.24

トンネルの山岳工法における施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)鋼アーチ式(鋼製)支保工は、H型鋼材等をアーチ状に組み立て、所定の位置に正確に建て込む。

(2)ロックボルトは、特別な場合を除き、トンネル掘削面に対して直角に設ける。

(3)吹付けコンクリートは、鋼アーチ式(鋼製)支保工と一体となるように注意して吹き付ける。

(4)ずり運搬は、タイヤ方式よりも、レール方式の方が大きな勾配に対応できる。

解答&解説
解答:4

ずり運搬はトンネルの掘削に適していて、レール方式とタイヤ方式があります。

トンネル内の勾配が急な場合は、レール方式だと車両が道から逸れたりすることにより作業効率が低下する恐れがあるため、タイヤ方式の方が適しています。

No.25

海岸堤防の形式に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)緩傾斜型は、堤防用地が広く得られる場合や、海水浴等に利用する場合に適している。

(2)混成型は、水深が割合に深く、比較的軟弱な基礎地盤に適している。

(3)直立型は、比較的軟弱な地盤で、堤防用地が容易に得られない場合に適している。

(4)傾斜型は、比較的軟弱な地盤で、堤体土砂が容易に得られる場合に適している。

解答&解説
解答:3

直立型は、地盤が堅固で波による洗掘のおそれのない場所で使用されます。

よって、誤っているのは3です。

No.26

ケーソン式混成堤の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)ケーソンは、海面がつねにおだやかで、大型起重機船が使用できるなら、進水したケーソンを据付け場所までえい航して据え付けることができる。

(2)混成型は、水深ケーソンは、波が静かなときを選び、一般にケーソンにワイヤをかけて引き船でえい航する。

(3)ケーソンの中詰め材の投入には、一般に起重機船を使用する。

(4)ケーソンの底面が据付け面に近づいたら、注水を一時止め、潜水士によって正確な位置を決めたのち、ふたたび注水して正しく据え付ける。

解答&解説
解答:3

中詰め材の投入には、ガット船を使用します。

参考:http://pa.thr.mlit.go.jp/akita/miyu/no005-ke-sonsettihen.html

No.27

鉄道の軌道に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)ロングレールとは、軌道の欠点である継目をなくすために、溶接でつないでレールを200 m以上としたものである。

(2)有道床軌道とは、軌道の保守作業を軽減するため開発された省力化軌道で、プレキャストのコンクリート版を用いた軌道構造である。

(3)マクラギは、軌間を一定に保持し、レールから伝達される列車荷重を広く道床以下に分散させる役割を担うものである。

(4)路盤とは、道床を直接支持する部分をいい、3%程度の排水勾配を設けることにより、道床内の水を速やかに排除する役割を担うものである。

解答&解説
解答:2

道床を用いた軌道を有道床軌道といいます。
有道床軌道の最大の特長は、軌きょうを上下・左右方向に移動をさせて調整するのがきわめて容易な点である。

説明文は、直結軌道(ちょっけつきどう)の説明です。
鉄道の線路に用いられる軌道構造のことを指します。

No.28

営業線内工事における工事保安体制に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)工事管理者は、工事現場ごとに専任の者を常時配置しなければならない。

(2)軌道作業責任者は、作業集団ごとに専任の者を常時配置しなければならない。

(3)列車見張員及び特殊列車見張員は、工事現場ごとに専任の者を配置しなければならない。

(4)停電責任者は、工事現場ごとに専任の者を配置しなければならない。

解答&解説
解答:4

停電責任者は、現場毎の専任の配置は不要です。

No.29

シールド工法の施工に関する下記の文章の⬜︎の(イ)、(ロ)に当てはまる次の組み合わせのうち、適当なものはどれか。

「土圧式シールド工法は、カッターチャンバーの排土用の(イ)内に掘削した土砂を充満させて、切羽の土圧と平衡を保ちながら掘進する工法である。一方、泥水式シールド工法は、切羽に隔壁を設けて、この中に泥水を循環させ、切羽の安定を保つと同時に、カッターで切削された土砂を泥水とともに郊外まで(ロ)する工法である。」

   (イ)         (ロ)

(1)スクリューコンベヤ …… 流体輸送

(2)排泥管 …………………… ベルトコンベヤ輸送

(3)スクリューコンベヤ …… ベルトコンベヤ輸送

(4)排泥管 …………………… 流体輸送

解答&解説
解答:1

スクリューコンベヤーは、土圧式シールドに用いる排土装置である。
スクリューコンベヤーは切羽の土水圧とチャンバー内の泥土圧のバランスを図るため、シールド掘進量に合わせて回転速度を制御して排土量の調整を行う装置です。

泥水式シールド工法は、地上のプラントで調整された泥水を送泥管からシールド機前面のチャンバーに送り、圧力をかけて地山の土水圧に対抗させて切羽(掘削面)の安定を図るものです。
掘削された土砂は、泥水と一緒に排泥管を流体輸送されて地上に搬出されます。

No.30

上水道に用いる配水管の特徴に関する次の記述のうち、適当なものはどれか。

(1)鋼管は、溶接継手により一体化ができるが、温度変化による伸縮継手等が必要である。

(2)ダクタイル鋳鉄管は、継手の種類によって異形管防護を必要とし、管の加工がしやすい。

(3)硬質塩化ビニル管は、高温度時に耐衝撃性が低く、接着した継手の強度や水密性に注意する。

(4)ポリエチレン管は、重量が軽く、雨天時や湧水地盤では融着継手の施工が容易である。

解答&解説
解答:1

上水道に用いる配水管には鋼管・硬質塩化ビニル管・ステンレス鋼管・ダクタイル鋳鉄管等があり、使用する環境や条件から適切に管種や継手を選定する必要があります。

No.31

下水道管渠の更生工法に関する下記の(イ)、(ロ)の説明とその工法名の次の組合せのうち、適当なものはどれか。

(イ)既設管渠内に表面部材となる硬質塩化ビニル材等をかん合して製管し、製管させた樹脂パイプと既設管渠との間隙にモルタル等の充填材を注入することで管を構築する。

(ロ)既設管渠より小さな管径の工場製作された二次製品の管渠を牽引・挿入し、間隙にモルタル等の充填材を注入することで管を構築する。

   (イ)   (ロ)

(1)形成工法……さや管工法

(2)製管工法……形成工法

(3)形成工法……製管工法

(4)製管工法……さや管工法

解答&解説
解答:4

問題文に無い「形成工法」とは、熱または光で硬化する樹脂を含浸させた材料や熱可塑性樹脂の連続パイプを既設管内に引き込み水圧、空気圧または蒸気圧で拡張・圧着させたのちに硬化や冷却固化することで管を構築する。

おすすめ記事紹介

『【完全版】2級土木施工管理技士 多忙でも簡単に合格する勉強方法』では、効率的に試験勉強を行う方法を公開中です。

受験されるあなたに、非常に有用な記事になっております。

【完全版】2級土木施工管理技士 多忙でも簡単に合格する勉強方法土木施工管理技士の勉強方法に悩んでいませんか?この記事では土木施工管理技士の試験概要や勉強方法をまとめています。この記事を読むことで、資格の全貌が分かり、合格する為の勉強法を理解する事ができます。試験に1発で合格したい、独学で合格したい人は必見です。...